トップページ
 GoToトラベルプランのご案内
 支配人日記
 塩沢号珍道中
 しおざわ ファーム フォレスト
 イベント・観光地案内
 宿泊案内・お食事案内・荘のコロナ対策
 施設・敷地ご案内
 空室状況・ご予約     お問合せ
 スタッフおすすめ観光コース
  塩沢号バス【日程】
 2022年1月コース説明
 2021年12月コース説明
 アクセス方法・お問合せ


スタッフおすすめ観光コース

スタッフおすすめ観光コース

このページでは塩沢江戸川荘のスタッフがそれぞれおすすめのコースをご紹介!

地元を知り尽くしたスタッフならではの隠れた名所も?

観光プランの設定に是非お役立てください!!

2021年9月14日(火)
山々の紅葉

2021年7月の登った日本百名山「苗場山」標高2,145m。

写真はちょいと昔10月1日に登った日本百名山「巻機山」標高1,967mの山頂付近です。

山好きのお客さまからは「近くにこんなに山があっていいね」とよく言われます。この環境で生まれ育った私は若い頃はあの山を越えた先に行ってみたくて仕方がありませんでしたが、今はお客さまのおっしゃる意味がよくわかります。

この辺りの2000mを超える山々は9月下旬頃、山頂から徐々に色づき始めます。最低気温が8℃を下回ると紅葉が始まるそうです。急に冷え込む年は紅葉がきれいです。

日本一早い北海道の大雪山系の山々は既に色づきが始まったとニュースになっていましたね。今年は日照時間も長くて台風の影響もなかっただけに数年ぶりにきれいな紅葉がみられるそうです。

この辺りはお盆頃からぐずついたお天気が続いたのでそれが気になりますが、このところ、朝の最低気温と日中の最高気温の温度差が10℃ほどある陽気になってきました。
今のところ、台風の影響も受けていないのでしっかり葉っぱが木々についてますよ。

登山好きの方には、例年10月10日頃・・・せいぜい15日頃までがおすすめです。
山頂だけではなくて登っていく過程の風景も楽しめますものね。

2021年9月13日(月)
新潟・南魚沼は秋本番

ぬけるような青空、澄んだ空気に秋の訪れを感じます。

多くの地域で緊急事態宣言が延長され、外出自粛など、生活に多大な影響を受けられている皆さま、心よりお見舞いを申し上げます。
どんなに強靭な体と精神力をもってしてもこれだけ長く続くとへこんでしまうことだってありますよね。
近い将来、状況が良くなって制限が緩和され、自由気ままにお出かけいただける日がくることを願い、ちょっとずつ、南魚沼の秋の風景をご紹介してまいりますね。

黄金色に輝く田んぼの風景は例年だと9月15日頃から稲刈りが始まるまでご覧いただけます。今年は残暑が続かなかったせいか、色づきが早くて10日頃から既にきれいな田んぼが広がっています。

普通にドライブしていても車窓に広がる風景は心癒される風景ですがちょっと高台から見る風景は絶景です。

支配人日記にも書きましたが・・・
当荘から十二峠方面へお車で30分ほど走ったところに「魚沼スカイライン」があります。八箇峠まで約20qに渡る県道の山岳ドライブコースです。(10月2日まで道路工事の為一部通行不可区間があります。)地元民にとっては小さい頃から慣れ親しんだ場所です。

眺めが良くて、四季折々きれいな風景に出会えるところですが、この季節が一番おすすめです。登っていくとまず「魚沼展望台」があり、周辺の山々、魚沼平野、それから塩沢江戸川荘までも見ていただけます。ここから見る星空やこれから一段と寒くなると雲海も発生しますが、まさに絶景です。
※写真左手は初夏の頃、右手がちょうど今頃の風景です。

稲刈り時期は、出穂(稲の穂が出ること)してからの気温を一日、一日足していった積算気温が950℃〜1000℃になった頃が稲刈りに適した頃だと言われています。あと少しですね。




2021年6月22日(月)昨日の続き
燕三条おすすめスポットご紹介

ちょっとものづくり現場から離れて。
市内の中心部から車で30分ほど進んだところに、越後の名僧「りょうかん和尚」ゆかりの国上(クガミ)山があります。

越後最古の名刹「国上寺(コクジョウジ)」、りょうかん和尚が40歳ころから約20年間生活していたという「五合庵」、谷底から35mの場所にかかる長さ124mの「千眼堂吊り橋」では周りに木々が目に前に迫り、最高の気分が味わえます。

夏はいい汗流しながらの散策になるかと思いますが、秋は燃えるような紅葉が楽しめますよォ-。

ものづくり現場は数々あれど・・・

ここで紹介したいのは三条にある「SUWADA OPEN FACTORY](諏訪田製作所)です。

「SUWADA」の爪切りはグッドデザイン賞など多数様々な賞を受賞していて、海外の美容関係者からも高い支持を受けて注文が殺到しているそうです。ガラス越しに一連の作業現場を見学できます。最後は熟練職人がダイヤモンドヤスリを駆使して左右の刃が隙間なく閉じるように両刃を合わせていくんだそうです。

丁寧に手仕上げする匠の技をとくとご覧あれ!

廃材を利用して作ったオブジェはあちこちに・・・。お手洗いの取っ手なんかも廃材を利用しておしゃれです。

そして悩みに悩んだ結果、爪切り・・・買っちゃいました。
お値段は決して安くはないんですが、花嫁道具、そして一生ものとして清水の舞台から落ちる覚悟で!ってこれは大袈裟ですが、とても価値あるものですので。オンラインで購入も可能ですが、ここではお食事も従業員の方と少し時間をずらして利用できますし、新潟にもこんなおしゃれな企業があるんだって印象に残ると思いますよ。

お買い物ならここがおすすめ

その名は「ストックバスターズ」です。
もともとバスコースに入れたり、興味あるお車でいらしたお客様にはお伝えして評判がとても良かった場所ですが、実際に行くのは初めて。
店内に入ってまず見つけたのがこの水筒です。マグボトルです。しかも保温・保冷とどちらでも対応できるものです。お値段なんと110円!「0」が一つ足りない?冗談ではなく110円。すかさず手に取り買い物かごに入れて、爆買いタイムです。
スプーン・フォークも2本で50円。フライパンは550円。超お買い得です。家庭で使わなくなった金属製のフライパン・鍋に限っては下取りしてくれます。1点につき100円のお買い物券1枚と引き換えてくれます。このお店、実は県内でもファンが多く、時々、人数制限されることもあるくらいなんです。

爆買い覚悟で騙されたと思って一度行かれてみてはいかがでしょう?

そうだ!こっち方面でランチと言えば、三条であればカレーラーメン、燕であれば背油ラーメンがおすすめです。

ご紹介が長くなりましたが、楽しみ方の一つとしておすすめしておきます。さて、観光付バスツアーでも組んでいきますよ。

2021年6月21日(月)
ちょっと足を伸ばしてものづくりで知られる「燕三条」

新型コロナワクチン接種が進んでいます。ワクチン保管や輸送採用モデルにもなった冷凍庫はなんと燕市にある「ツインバード工業」という企業が生産しています。管理・保管が難しいということですが、県外の自治体からの問い合わせが相次いでいるそうです。
東京オリンピック選手村に於いては燕で生産されたスプーン・フォーク・ナイフが無償で提供されるそうです。これは、今日聞いた話です。

・・・【燕三条】って凄いんです。以前、日曜劇場 阿部寛主演の「下町ロケット」というドラマが放送されましたが、第2弾のテーマは「農業分野のものづくり」「米どころ=新潟県、ものづくり=燕市」という繋がりから燕市がロケ地に選ばれましたそうです。

実は、先日、観光付バス「塩沢号」を担当している女子2名で観光コースの下見を兼ねて【燕三条】へ行ってきました。
県内に住んでいても「こんなにすごいとこなんだ」と改めて感じ、新しい発見がたくさんありました。
記憶が鮮明なうちにこの感動をお伝えしたくて・・・。

ものづくりに興味のある方はぜひ行かれてみてはいかがでしょう?

見どころはたくさんあるのですが、その中からいくつか紹介させて頂きます。

まずは燕市産業資料館。ここでは金属産業の歴史を見て回ったり、ノーベル賞の晩さん会で使われるスプーン・フォーク・ナイフ、人間国宝・玉川宣夫氏の木目金作品などを見ることが出来ます。
女子2人で「きれいだね」「すっごいね」の連続でした。

中でも私は明治生まれの亡くなった祖母がキセルをくわえていた人だったせいか、キセルの展示に惹かれ、それともう一つ、矢立(簡単に言うと江戸時代から使われていた携帯用筆記用具)にとても興味がわきました。韓国ドラマの影響でしょうか?

それからここには体験工房もあるんです。
コーヒースプーンの制作や純銅タンブラー、チタン製スプーンに色をつけるといった体験もできて大人からお子様にもお時間があればおすすめです。自分で作ったマイタンブラー・・・素敵じゃないですか。

お伝えしたいことはまだまだありますが、今日はここまで。

続きはまた明日!

2021年6月18日(金)
久しぶりにおすすめスポットご紹介!

 リニューアルオープンを前におすすめスポットをご紹介してまいります。

・・・ここはどこ?北海道の美瑛?
まさにそんな風景のスポットを見つけました。
ここは南魚沼市のお隣にある魚沼市にある「道光(ドウコウ)高原」というところです。途中看板があるわけでもなく、地元の人でも知らない人が多いところですが、畑や畑へと続く一本道はとても絵になる風景です。

今の季節はハルジオンのお花畑になっていて、貧乏草と呼ばれ茎を折ると貧乏になるなんていう俗説がありますが、これだけあるととてもきれいでした。

展望台もあり、越後三山などの眺望も見事です。トイレもねぇ♪畑以外は何にもないところですが、夏におすすめです。

秋は秋で9月下旬から10月半ばにかけて「上原コスモス園」といって一面コスモスがきれいな場所でもあります。

近くには魚沼市で有名な名店「道光そばいたや」というお蕎麦屋さんがあり、挽きたて、打ちたて、茹でたてのおそばが味わえます。
11時から14時までの営業ですが無くなり次第閉店というお店です。一見普通の民家のようですが、必見ですよ。
お蕎麦を食べることを目的に、ちょっと足を伸ばして「道光高原」までドライブ・・・なんていかがでしょうか。

このページのトップへ

江戸川区立塩沢江戸川荘
〒949-6423 新潟県南魚沼市舞子字十二木2063番地29
TEL :025-783-4701 FAX :025-783-4705 
このホームページで使用されている文字・画像等の著作権は、一部の資料を除き、基本的に 江戸川区立塩沢江戸川荘 に帰属します。