トップページ
 ブログ
 イベント・観光地案内
 宿泊案内・お食事案内
 施設・敷地ご案内
 空室状況・ご予約     お問合せ
 スタッフおすすめ観光コース
 塩沢号バス【日程】
 2024年10月コース説明
 2024年9月コース説明
 2024年8月コース説明
 2024年7月コース説明
 2024年6月コース説明
 アクセス方法・お問合せ


●日程・コース一覧と空席状況はこちらからご覧ください。

塩沢号2024年7月パンフレットにつきまして

パンフレットはこちらからダウンロードできます。

色鮮やかな月岡公園のユリと風香る越後ハーブ香園入広瀬

 【2(火)〜4(木)2泊】
魚沼市は新潟県内最大のユリの産地で特に露地ユリ切花栽培は県内出荷量の6〜7割を占めています。美しいユリをご覧いただけるよう「月岡公園」では毎年年2回10,000本の色鮮やかなユリの花をご観賞いただけます。その後、約100種類のハーブが楽しめる「越後ハーブ香園入広瀬」にご案内。歩いて回るだけでも様々なハーブの香りに出逢えたり、遠方の山々が見渡せる美しい景色を楽しむことができます。

新潟総鎮守白山神社の七夕風鈴まつり

 【7(日)〜9(火)2泊】
白山さまは、家内安全、商売繁昌、交通安全、厄除、建築、工事安全、海上安全、子宝、安産、縁結びの神様として霊験あらたかと言われております。毎年この時期に開催される七夕風鈴まつりは人気が高く、古くから鈴の音色には「清める力」「邪気をはらう力」があるとされていて、風鈴に込めた願いが風に乗って神様に伝わり良縁が訪れることを願うお祭りです。1,000個以上のカラフルな風鈴が境内を彩る美しい光景も、みなさまの心を癒してくれることでしょう。また、Befcoばかうけ展望室は地上約125mに位置しており、日本海側随一の高さを誇り、新潟市街地はもちろん、日本海、佐渡島、五頭連峰などの景色を一望できる360度の大パノラマをお楽しみいただけます。

27名様限定 異空間カールベンクス古民家カフェ澁い-shibui-で過ごすランチタイム

【10(水)〜12(金)2泊】
十日町市まつだいエリアには、ドイツ人建築デザイナーのカール・ベンクスさん(豪雪地帯の限界集落に移住しおしゃれな古民家村を作った方)による再生古民家が数多く存在しています。メディアでも取り上げられているのでご存じの方もいらっしゃるかもしれません。松代町の歴史ある旅館だった松栄館を、まつだいカールベンクスハウスとして再生した「澁い」があります。古民家の雰囲気やドイツ製薪ストーブの使い心地を体験できるカフェとして営業しています。本コースではこちらでフランスの家庭料理「キッシュ」を主体にしたランチセットをお召し上がりいただきます。日本の古き良き文化にこよなく魅せられたカールさんゆえの再生された素晴らしい古民家の風景は車窓からご覧いただきます。

心に響く 南魚沼市兼続公まつり大煙火大会

【19(金)〜20(土)1泊】
ある雑誌で2023年新潟県内の行って良かった花火大会で数ある花火大会で8位に選出された南魚沼市兼続公まつりの花火大会。毎年7月17日〜19日までの3日連続で行われるまつりの最終日を飾る南魚沼地域最大の花火大会です。約2,000発の花火が夜空を彩り魚野川河畔を彩り、幅100mのナイアガラや豪華な超特大スターマインの音が山々にこだまする演出はこのロケーションならではの迫力です。友好都市の花火を心ゆくまでお楽しみください。

佐渡島の金山を世界遺産に!歴史と大自然を訪ねる佐渡浪漫紀行

【21(日)〜24(水)2泊】
佐渡島は東京23区、淡路島の約1.5倍もあり、日本の島では沖縄本島に次ぐ大きさの島です。数ある観光スポットを厳選して巡ります。まずは佐渡でしか見ることが出来ないトキに会いに行きます。断崖が立ち並ぶ尖閣湾、佐渡金山では坑道、採掘跡を見学。クライマックスは佐渡のお宿近く、タイトアップされた北沢浮遊選鉱場。幻想的な景色に酔いしれることでしょう。世界遺産登録を祈りつつ、佐渡観光をお楽しみください。

越後三大花火 豪華絢爛「ぎおん柏崎まつり海の大花火大会」

【25(木)〜27(土)2泊】
日本海を舞台に開催する柏崎の海の大花火大会。世界に類を見ない打ち上げ範囲の広さが最大の魅力です。長さ600mの堤防で打ち上げるワイドスターマイン、海に向かって打ち込まれる海中空スターマイン、大迫力の尺玉100発一斉打上、「柏崎市民一同」の名がついた魂を込めた大花火など豪華絢爛な花火が目白押しです。1日で約1万5先発の花火をご一緒に楽しみましょう。

風香る後山ブナ林公園トレッキング

【28(日)〜30(火)2泊】
「後山ブナ林公園」は南魚沼市内にあります。ブナ林の美しさを効果的に活用した、標高500mの山間部に位置する森林浴スポットです。ガイド付きで約1時間ほどで周遊します。その後は越後の名峰八海山を望み、魚野川と水無川の流れる緑豊かな八色原の一角に設けられた八色の森公園にておにぎりをほおばり、景観が美しい三国川ダムや奥五十沢渓谷をドライブしてまわります。

このページのトップへ

江戸川区立塩沢江戸川荘
〒949-6423 新潟県南魚沼市舞子字十二木2063番地29
TEL :025-783-4701 FAX :025-783-4705 
このホームページで使用されている文字・画像等の著作権は、一部の資料を除き、基本的に 江戸川区立塩沢江戸川荘 に帰属します。