トップページ
 GoToトラベルプランのご案内
 支配人日記
 塩沢号珍道中
 しおざわ ファーム フォレスト
 イベント・観光地案内
 宿泊案内・お食事案内・荘のコロナ対策
 施設・敷地ご案内
 空室状況・ご予約     お問合せ
 スタッフおすすめ観光コース
  塩沢号バス【日程】
 2022年3月コース説明
 2022年1月コース説明
 2021年12月コース説明
 アクセス方法・お問合せ


支配人日記

11月30日(火)
新そばまつり

新潟は朝からマイナス気温で霜も降りてとても寒いです。
日中はお日様も射しいいお天気予報ですが明日からしばらくは雨か雪予報。
かぐらスキー場は11/29(月)、奥只見の丸山スキー場は12/3(金)にオープンです。奥只見・丸山は先週末の降雪で山頂周辺は1mの積雪があるそうですよ。


さて、今年も11月20日(土)に新そばまつりを開催しました。
今回は塩沢号のツアーも組んでおりましたので、お車でお越しのお客さまと合わせ、50名のお客さまに新そばを召し上がっていただきました。昨年に引き続き、大好評!!

まずはお馴染み「なかじぃ」にそば打ちの実演をしてもらいました。ファームの収穫体験でなかじぃに会ったことのあるお客さまは多いものの、「そば打ちもやるんだ。すごいね。」とびっくりされた方もいらっしゃいました。

この辺りのおそばはそば通を唸らせる「へぎそば」です。
特徴はそばを盛る木の器のことを「へぎ」と言います。
また、つなぎに「布海苔」(ふのり)を使うのが特徴です。元々織物が盛んな小千谷や十日町、南魚沼地域では縮の糸を紡ぐ際に布海苔が使われていたそうです。布海苔をつなぎに使うことでツルツルしたのどごしとシコシコした歯ごたえのあるそばを味わえるんだとか。
ご参加の皆さまからも「おいしい!!」とのご感想をたくさんいただきました。

そばがきも作っていただきました。そば粉に熱湯をかけて素早くかき回します。とろりと固まってきたところで、そばつゆや黒蜜、きな粉で召し上がっていただいたところ、「とても美味しい」とこれまた、大絶賛!!少しだけそば粉を販売しましたが、あっという間に完売。これからの季節お鍋に入れてもいいですよ。

塩沢江戸川荘では通年を通してそば打ち体験も実施しています。
時期的に年越しそばを自分で打ってなんていうのもいいですよね。
講師はもれなく「なかじぃ」と「かみむらにぃ」です。塩沢江戸川荘で出来る「そば打ち体験」、機会を作ってご家族、お友達、皆さんで楽しんでください。

今回もご参加、誠にありがとうございました。



11月27日(土)
初雪が降りました。

昨日からやけに寒くていよいよかな?と思っていました。
・・・塩沢江戸川荘に初雪が降りました。

降り始めはまだ紅葉が残っている木々がうっすら白くなってきれいです。

北海道は一気に雪が積もったようですが、この辺りは優しい降り始めです。時折、お日様も射すのでまだ根雪になるほどではありませんが、関越道の一部では冬タイヤ装着・チェーン携行など規制が出ているようです。
一番早くオープンするかぐらスキー場では昨日からの降雪で30〜40p。オープンに向けて準備が進められているようです。

今日はメンテナンス休館前の土曜日とあってご来荘のお客さまが多いので、どうか皆さま運転お気をつけて!!

11月25日(木)
越後ごぜ唄 お琴の夕べ

11月3日(祝)には「越後ごぜ唄 お琴の夕べ」を開催しました。

公的な福祉のない時代、目の見えない女性の生きる道は限られていました。生きるために三味線をたずさえ村々を回っていた盲目の女性旅芸人のことを「ごぜ」と言います。


越後の農山村、豪雪地帯では娯楽が乏しくごぜの来訪は縁起がよいとされ、手厚く歓迎されたものです。

日本最後のごぜと言われ人間国宝でもある(故)小林 ハルさんの最後の弟子、竹下玲子さんを師とする市内在住の横川恵子さんをお招きし、6年ぶりに演奏会を開催しました。

江戸川区民のお客様の中には区内でも時よりごぜ唄の演奏会を聞くことがあるとか。
昔の時代に思いを馳せ、皆さま、真剣に耳を傾けてくださっていました。底抜けに明るい唄があるかと思えば、どこか憂いのある唄まで。プロの芸を聞くことが出来たひと時でした。

もともと目の見えない人が三味線を覚え、歌詞を覚え、小さい時から巡業に回っていたわけです。生きていくためとは言っても過酷な人生を歩んだことでしょう。

今、世の中がコロナ禍にあって少しずつ光が射してきているのは事実ですが、困難を乗り越えていくという意味では今回の演奏会が少しでも何かしら力になれば・・・と願い、演奏会を聞いてくださった皆さまにお礼を申し上げます。
ありがとうございました。


11月21日(日)
神秘的なお写真、届きました!「THE 月食」

11月19日(金)は世紀の天体ショーに多くの方が夜空を見上げたことでしょう。

ほぼ月全体が隠れる部分月食がみられるのはなんと140年ぶりだったそうですね。
当荘にお泊りのお客さまの中にも、寒い中外に出てカメラを抱え、シャッターチャンスをねらっていらしたお客さまたちが・・・。

その中のお客さまから「月食の様子」をとらえた写真が届きました。

月全体が赤銅色になって皆既月食のようなきれいな色合いになっているのがわかります。
時間はちょうど18時頃。18時と言えば、夕食スタートの時間ですが、私もご一緒させていただいて、世紀の瞬間を見ることが出来ました。新潟県内は夜遅くから雨が降り出しましたが、この時間帯は好条件で見ることが出来ました。

そしてちょうど11月19日は満月で「ビーバームーン」と言われ、人間関係や恋愛の願い事をすると良かったとか。
長年寿退社を目指す私としたことが・・・願い事をするのをすっかり忘れてしまいました。ありゃりゃ!!

次回の月食は2022年11月8日。今回のように夕方の見やすい時間帯に起こるそうですよ。また来年ですね。


写真は塩沢号ご参加のS様よりいただきました。
ありがとうございました。


11月19日(金)
秋のイベントを振り返ります。

周辺の山々は樹木も落葉し、すっかり冬支度です。来週に入ると小さな雪マークが・・・。そろそろ里でも車のタイヤを冬仕様に変えなきゃとなんだか慌ただしくなってきました。

さて、冬はそこまで来ていますが、ここで秋のイベントを振り返ってみることにしましょう。
まずは10月10日(日)に「秋空グルメウォーキング」を開催しました。当日をはさんで前後はお天気が良くなくて当日だけが秋晴れでした。宿泊されたお客様の中にはせっかくのいいお天気なので「行きたい場所へ行く!」というお客さまも多く、今回参加されたお客さまは12名様と少なかったのですが、かえって少なかったのが良かったように思います。中には「グリーンパレスでチラシを見てすぐ申し込んだよ。」と以前ウォーキングイベントにご参加されたお客さまが再びお越しくださったり、2泊されて東京にお帰りになる日にもかかわらず、ご家族総出で歩いてくださったお客さまもいらっしゃいました。

道の駅雪あかりを出発してまずは農家の方が一生懸命お米を乾燥させる作業を目にしました。ちょこっと見学させていただき、お話も伺いました。集落の中を歩くので、都会とは違う家の造りやかまぼこ型の車庫や、目につくものは色々お話しさせてもらいながら進んで行きました。

写真にある「欅亭」は地元でも人気のある洋食レストランです。
オムライスが特におすすめですが、スパゲティも美味しいです。でもボリュームがあるので、シェアーして食べていただくのがいいかもしれません。・・・ご紹介させていただいた後日。「ランチを食べてきたよ。」と早速訪ねてくださったお客さまもいらっしゃいました。

この辺りまでで全行程の1/3くらい。安田の飲むヨーグルトを飲んでいただき、一休み。

ゴールまであと少し

この日も気温がぐんぐん上がって日中とても暑くなりましたが、風が心地よく吹いてくれていたので助かりました。

途中、かりんの実がたわわになっていていい香りを醸し出してくれていました。魚野川沿いに歩いて見えてきたのは当荘に登る「あの坂道」。最後のラストスパートです。
道中、ずーっとマスクしたまま歩くのはなかなか大変でしたが皆さまとても協力的でありがたかったですよ。

お客さまの中には栗を拾ったり、なかじぃとかみむらにぃが用意してくれていた枝豆を採ってもらったり。

これらもこのイベントに参加されたお客様限定の楽しみの一つですね。

ゴールした後の楽しみ・・・

ゴールした後は南魚沼産「コシヒカリ」新米をぬか釜で炊いて炊きあがりを一斉に皆さんに見ていただきました。
お昼のメニューはこの新米と料理長特製キノコ汁、ミョウガの甘酢漬け、ファーム野菜のお漬物、越後もち豚を焼いてお出ししました。
皆さん、はらくっちゃくなって(新潟弁でお腹いっぱいの意味)解散させていただきました。

風が強くなり、食べづらさもあったかと思いますが、ぬか釜炊きで新米がうまく炊けたところでご勘弁を!!!

ご参加いただき、ありがとうございました。

11月8日(月)
ご無沙汰してます。

県をまたいでの移動が可能となり、皆さま、リニューアルオープンした「塩沢江戸川荘」にご来荘いただきまして、誠にありがとうございます。この時を待っていました。どれだけ、皆さまにお会いしたかったことか・・・。
あれから月日は流れ、気が付けば11月。

振り返ってみると・・・
南魚沼市内は先月18日今季一番の寒さとなり、八海山(1778m)や巻機山(1967m)の山々は昨年より6日早く初冠雪となりました。 紅葉、初冠雪、おまけに虹まで出現し、晩秋と初冬がいっぺんに感じることが出来ました。10月上旬の真夏のような暑さがうそのようでした。

苗場ドラゴンドラも八海山ロープウェイ―も11/7(日)で営業は終了となり、これからスキー場オープンに向けて準備が進みます。

紅葉は・・・と言うと次第に里に降りてきて、当荘敷地内の風景もご覧の通りです。今年はここ2,3年に比べて野生動物の目撃情報は少ないものの、全くないわけではないので、クマよけの鈴を持って写真におさめてきました。フォレストの木々も色づきが進んできています。甘柿も青空の下、たわわに実をつけています。
この季節ならではの絶景「雲海」もご覧いただけることが多くなってきました。

近隣ですと湯沢辺りでは大源太キャニオン、十日町市内ですと美人林、南魚沼市内ですと三国川ダム周辺の紅葉が見ごろを迎えています。今週紅葉を見にお出かけのご予定のお客さまはこの辺りがおすすめです。

また、この先楽しめる紅葉スポットは柏崎市の松雲山荘、長岡市内のもみじ園、弥彦の弥彦公園他まだまだこれからです。 県内の紅葉状況はこちらからご覧ください。


晩秋の越後路で心も体もリフレッシュしてお寛ぎください。

9月25日(土)
2021年中秋の名月

皆さま!9月21日(火)中秋の名月はご覧になりましたか?

今年は8年ぶりに中秋の名月と満月が重なったうえ、全国的にもお天気に恵まれたので夜の空を見上げた方も多かったのではないでしょうか。きっとあちらこちらできれいなお月様がご覧いただけたことでしょう。

写真のお月様は塩沢江戸川荘スタッフ「軍司くん」が撮影してくれました。
普段、お休みの日は水族館に行って海の動物を撮影していることが多い軍司君ですが、お月様もきれいに撮影してくれました。
クレーターまでくっきり撮れています。
「写真撮影が趣味!!」という方は色々お話が合うでしょうね。

さて、中秋の名月といえば、お部屋を掃除して、ススキ、お団子、季節の果物などを供えて、ゆったりした気持ちでお月様を眺めて・・・。この時、自分と向き合って自分自身を見つめ直すといいんだとか。
お月様のパワーを分けてもらうのにいいのは「月見酒」です。お月様を見ながらお酒を飲むのがいいそうですが、お酒が飲めない人は好きな飲み物でもいいそうで、私は母と白湯でお月見をしました。
水面にお月様を写して飲むといいんだそうです。特に金運と仕事運にいいんだとか。

ちょっとしたおまじないのようなものですが、コロナウィルス感染症の終息と健康でいられますように!ってお月様に願をかけました。

10月から世の中、少しずつ緩和された生活が戻ってくるといいですね。


9月12日(日)
新米の季節はすぐそこです。

ついにこの季節がやってまいりました。
田んぼは辺り一面黄金色に輝いています。
稲穂を見るとまだ青い粒もあります。青い粒があるうちはまだ稲刈りには早いそうです。あと一週間から十日もするとあちらこちらで稲刈りが始まるんだろうな。
コロナ禍で外出を控えている皆さまもせめて美味しいコシヒカリを食べてほしいです。
お電話一本でお送りしますよ!!いつもお便りをくださるSさま。
お電話お待ちしています。

今日お出かけのお客さまは「清津峡に行ってくる」というお話だったので、では清津峡に行く手前にある「魚沼スカイライン」にもぜひ足を伸ばしてみてください!とご紹介しました。

魚沼スカイラインは十二峠から八箇峠へ抜ける約20qに渡る山岳ドライブコースです。十二峠側から入ると標高900mの地点に「魚沼展望台」があり、飯士山をはじめ、八海山、巻機山などの山々、そして黄金色に輝く田んぼの風景をご覧いただけます。おまけにここからは塩沢江戸川荘も確認できます。秋晴れの中、気持ちよくドライブを楽しんできていただけるといいなぁ。

私たちは幸せです。
日本の原風景がすぐ近くにあり、心豊かに過ごせることを忘れてはいけませんね。

9月6日(月)
・・・味覚の秋ですねぇ。

いつもなら残暑が厳しい時期なのに、今年はぐずついたお天気が続いています。9月に入ってから、秋雨前線や北東からの湿った空気、上空の寒気などの影響で、本州付近は曇りや雨の日が多くなっているそうですね・・・・・このまま秋に突入です。

田舎で生活していると都会以上に四季の移り変わりを感じます。
稲穂もみるみるうちに色づいてきました。もうすぐ新米の季節。
米農家の皆さんは一番忙しい時期を迎えますが、消費者にとってはとてもワクワクする季節ですね。

今では珍しくないかもしれませんが、私たちは小学校の授業で田植えから稲刈りまで一連の作業をお勉強してお米を育てます。20代の頃、同級会で集まると男子の会話は「あこのトラクターかっこいいよ」とか「あこのコンバインはおっしゃれだてぇ」そんな話に大うけしていたのを思い出します。今は食育の一環で全国的に米作りの授業を推進しているそうですね。

敷地内を歩いてみると栗もアケビもご覧の通り。
昨日は仕事帰りに当荘のカーブ道でリスがちょこちょこしていたのを見かけました。何か食料を探していたのでしょうか。
この他にむかごやクルミも拾えます。秋は秋で楽しい味覚狩りが体験できますよ。



塩沢江戸川荘と南魚沼の春の様子

みなさまこんにちは。

塩沢江戸川荘は相変わらず工事中です。
いつもであれば春にお越しいただいたお客様には桜や山菜などをお楽しみいただいているのですが・・・。

今回はスタッフの阿部が荘の敷地内と周辺地域の春の様子を撮影して参りましたので、動画として公開いたします。
もう春は過ぎてしまいましたので、次の春にお越しいただく際の参考として頂ければと思います。

それではまた。

塩沢江戸川荘の冬景色

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

江戸川荘は相変わらずの雪、昨年度は積雪量がとても少なかったので、この雪が少しでも去年降っていてくれたらなあ・・・と思わずにはいられません。

とはいえ、みなさまにはなかなか積雪量もイメージがわかないかと思います。

今回は江戸川荘の雪の様子を動画にしてみましたので是非ご覧ください



現在はこういった状況で中々お出かけになる事も難しいかと思いますが、いつかぜひ、この冬の美しい塩沢江戸川荘にお越しいただければと思います。
スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。

ではでは

このページのトップへ

江戸川区立塩沢江戸川荘
〒949-6423 新潟県南魚沼市舞子字十二木2063番地29
TEL :025-783-4701 FAX :025-783-4705 
このホームページで使用されている文字・画像等の著作権は、一部の資料を除き、基本的に 江戸川区立塩沢江戸川荘 に帰属します。